男性と女性

感謝を込めてプレゼントを贈る|両親を喜ばせる

結婚相手をお披露目する

ウェディング

結婚内祝いを贈るときには、カタログギフトを始め、お菓子、お茶、タオルといったギフトが定番になっています。結婚をお祝いしてくれた人たちに向けてお礼の意味を込めて贈るのが結婚内祝いになるので、心を込めてギフトを選ぶようにしたいものです。どんな相手でも喜んでくれるようなギフトを探すことが求められるでしょう。食品ギフトであれば、生ものなどは避けた方がよいといえます。不在が続いて配達が遅れた場合は、消費期限切れで食べられない可能性があります。しかし、保存が利くからといって、好き嫌いが分かれることが多い珍味系の食品を贈ることもあまり好ましくありません。老若男女どんな世代でも誰でも美味しく食べることができるようなグルメを選ぶことが重要です。そして、保存性も高く、好きなタイミングで食べてもらえるような食品がよいでしょう。もちろん、個別にそれぞれ結婚内祝いを贈るのであれば、その相手に合わせてギフトを選ぶこともできます。しかし、結婚内祝いは一括で購入することが多いので、できるだけ最大公約数的な無難なギフトを選ぶのがポイントになります。また、結婚内祝いと合わせて、メッセージカードを一緒に送付することをおすすめします。メッセージカードには、結婚する相手との幸せなツーショット写真を入れたいものです。結婚式に参加しなければ、結婚相手の顔を見るチャンスもなかなかない場合もあります。特に遠方に住んでいる人に結婚内祝いを贈る場合は、忘れずに写真付きメッセージカードも送付して、感謝の気持ちと、結婚相手のお披露目を行なうようにしたいものです。